子犬のしつけ方教室を行いました

先日開催した子犬のしつけ方教室の様子をご紹介します。

今回、参加してくれたのは、マルチーズの5ヶ月の男の子、シロちゃんとそのご家族です。

シロ正面.JPG

飼主さんのお悩みのひとつに「吠えること」がありました。

おうちの横の道路に向かって、よく吠えるそうです。

たしかにシロちゃんは飼主さんに向かって、職員に向かって、遠くにいる当センターのモデル犬に向かって、吠えまくっています。しかし、シロちゃんの様子を観察していると、警戒して吠えているというよりも、どうやら「遊んで、遊んで」と要求吠えをしているようです。

このため、飼主さんには

◯シロちゃんが吠えているときは相手をせず、無視をすること

◯おとなしくなった後でかまうこと

◯シロちゃんの居場所を道路から離れた部屋にし、吠える原因を減らすこと

をお話しました。

その後、シロちゃんはまだ「スワレ」などのしつけができていないということでしたので、一緒に練習をしました。

「スワレ」はごほうびを持った手を犬の頭上に近づけていき、自然と犬のお尻が下がり、「スワレ」の姿勢になったところで「スワレ」と号令をかけます。その後、犬をしっかりほめてから、ごほうびをあげます。

犬をしっかりほめた後にごほうびをあげることがポイントです。

シロすわれ.JPG

最後に散歩の練習をして、今回のしつけ方教室は終了しました。

シロちゃんとご家族の皆様、「子犬のしつけ方教室」に御参加いただき、ありがとうございました。

動物愛護センターでは、生後6ヶ月齢までの子犬の飼主さんを対象に,基本的なしつけの方法を学んでいただく、しつけ方教室を開催しています。

現在は新型コロナウイルス感染対策のため、1回1組の予約制で実施しています。

愛犬と良い関係をつくるために,興味のある方はぜひ御参加ください。

【開催日時】

平日の午前10時〜午後5時の2時間程度

※他の予約の状況等で御予約を受けられない場合がありますので、ご了承ください。

【連絡先】

山口県動物愛護センター (電話)083-973-8315