2021年3月アーカイブ

こちらのページでは、やむを得ない理由で飼えなくなった犬・猫の新しい飼い主(譲渡先)を募集している飼い主さんで、インターネットを利用できない方が、県内各健康福祉センター(保健所)に登録された情報を掲載しています。

譲り受けをご希望の方は、以下の注意事項を良くご確認の上、各健康福祉センターへ直接お問い合わせ下さい。

 健康福祉センターの業務時間は、土,日,祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く平日の、午前8時30分から午後5時15分までとなっております。

【注意事項】

1 本当にその動物を飼うことができますか? もう一度良く確認して下さい。

  (環境省作成パンフレット「飼う前に考えて!」から抜粋)

 ①あなたのお住まいはその動物を飼える住居ですか?(転居や転勤の予定はありませんか?)

 ②その動物はあなたのライフスタイルに合っていますか?(見た目に惑わされていませんか?)

 ③あなたの御家族はその動物を飼うことに賛成していますか?(家族の理解と協力が必要です)

 ④御家族に動物に対するアレルギーをお持ちの方はいませんか?

 ⑤毎日欠かさずその動物の世話に時間と手間をかけられますか?

 ⑥その動物はあなたの体力で世話ができる動物ですか ?

 ⑦近隣に迷惑をかけないように配慮できますか?

 ⑧その動物の一生にかかる費用を考えてみましたか?

 ⑨生涯にわたる計画をたててみましたか?(犬やねこの寿命は10年以上、介護のことも考えて)

 ⑩万一、飼えなくなった時のことを考えていますか?(あなたに代わって飼ってくれる人は?)

2 申込みは原則として県内在住の成人に限り、当ページに掲載の情報を営利目的で利用することや、譲り受けた動物を再譲渡することはできません。

3 掲載している情報は、新たな飼い主募集掲載申込書に記載された内容を転記しています。

4 健康福祉センターからお伝えする「新たな飼い主募集者の氏名・電話番号」は、個人のプライバシーにかかわりますので、その内容を第三者に伝えたり他の目的で利用することがないよう、取扱いには十分留意して下さい。

5 新しい飼い主を募集している方への連絡は、健康福祉センターからお伝えする時間内に連絡をして下さい。

6 譲り受けた動物については、その生理・習性等を良く理解し、他人に迷惑をかけないよう飼主の責任を十分に自覚して、終生愛情を持って適正に飼養して下さい。

7 犬については、狂犬病予防法に基づく登録または変更の手続と狂犬病予防注射の実施が必要になります。

8 特に繁殖を望まない場合は、去勢・不妊処置等を実施するよう努めて下さい。

9 健康福祉センター及び動物愛護センターは、掲載動物に対して健康・譲渡適性診断等を実施していないことを理解して、対象の動物及び譲渡に係わる問題については、新たな飼い主募集者と譲り受けを希望する者の双方の責任において解決を図って下さい。健康福祉センター及び動物愛護センターは、対象の動物に係わる 全ての問題に対してその責任を負いません。

10 情報は随時更新しますが、掲載中の動物であっても、すでに譲渡先が決まっている可能性があります。

上記【注意事項】を確認のうえ了承された方は次の一覧表をご覧ください。

新たな飼主募集の情報 周南.pdf

動物愛護センターの桜が満開になりました。

モデル犬のナナちゃん、サクラちゃん、ソラちゃんも桜の下を元気にお散歩しています。

満開1.JPG

遊歩道にはシャガやリンドウの仲間がかわいい花を咲かせはじめています。

満開2.JPG御来館の際は動物愛護センター周囲の散策もお楽しみください。

最近、暖かい日が続いています。

とくに今日はぽかぽかの陽気でモデル犬たちものんびりひなたぼっこを楽しんでいます。

動物愛護センターの周囲にはたくさん桜の木があり、そのうちの1本で花が咲いているのを見つけました。

サクラ1.JPG

また、動物愛護センターの近くの土手にはつくしがたくさん出ていました。

つくし.JPG

御来館の際には、センター周囲の花たちもお楽しみください。

先日開催した子犬のしつけ方教室の様子をご紹介します。

今回、参加してくれたのは、マルチーズの5ヶ月の男の子、シロちゃんとそのご家族です。

シロ正面.JPG

飼主さんのお悩みのひとつに「吠えること」がありました。

おうちの横の道路に向かって、よく吠えるそうです。

たしかにシロちゃんは飼主さんに向かって、職員に向かって、遠くにいる当センターのモデル犬に向かって、吠えまくっています。しかし、シロちゃんの様子を観察していると、警戒して吠えているというよりも、どうやら「遊んで、遊んで」と要求吠えをしているようです。

このため、飼主さんには

◯シロちゃんが吠えているときは相手をせず、無視をすること

◯おとなしくなった後でかまうこと

◯シロちゃんの居場所を道路から離れた部屋にし、吠える原因を減らすこと

をお話しました。

その後、シロちゃんはまだ「スワレ」などのしつけができていないということでしたので、一緒に練習をしました。

「スワレ」はごほうびを持った手を犬の頭上に近づけていき、自然と犬のお尻が下がり、「スワレ」の姿勢になったところで「スワレ」と号令をかけます。その後、犬をしっかりほめてから、ごほうびをあげます。

犬をしっかりほめた後にごほうびをあげることがポイントです。

シロすわれ.JPG

最後に散歩の練習をして、今回のしつけ方教室は終了しました。

シロちゃんとご家族の皆様、「子犬のしつけ方教室」に御参加いただき、ありがとうございました。

動物愛護センターでは、生後6ヶ月齢までの子犬の飼主さんを対象に,基本的なしつけの方法を学んでいただく、しつけ方教室を開催しています。

現在は新型コロナウイルス感染対策のため、1回1組の予約制で実施しています。

愛犬と良い関係をつくるために,興味のある方はぜひ御参加ください。

【開催日時】

平日の午前10時〜午後5時の2時間程度

※他の予約の状況等で御予約を受けられない場合がありますので、ご了承ください。

【連絡先】

山口県動物愛護センター (電話)083-973-8315