子犬のしつけ方教室

 山口県動物愛護センターでは、子犬の飼い主又はこれから子犬を飼うことを計画中の方々を対象に、「子犬のしつけ方教室」を開催しています。

 しつけの目的は、「お手」のような芸を覚えさせることではなく、「散歩の時引っ張らない」、「無駄吠えをしない」などの基本的なルールを身につけさせ、飼い主と犬の関係を良好にすることです。スワレ、フセ、マテができると手入れがしやすくなるため、身体のチェックがしやすく、さまざまな病気の早期発見が可能になります。

スライド1.JPG

 実際のしつけ方教室の様子です。おやつを用いてスワレを実践しています。(1→2→3の順で行っています)

スライド3.JPG

 参加者の方が飼い犬の好きなおやつを用いてフセを実践しています。(1→2→3の順で行っています)

 次回のしつけ方教室は12月10日(日)の午後から開催します。

受付:午後1時15分~

講義・実演:午後1時30分~午後3時30分(終了時刻は変更になることがあります)

 子犬を連れて参加される方は予約が必要です。  

  なお、実施内容等の詳細は、下記の開催案内をご確認ください。

 平成29年度下半期 子犬のしつけ方教室 開催案内.pdf

 

 しつけ方教室に参加されない方も見学は自由ですので、気軽に当センターに遊びに来てください。 皆様のお越しをお待ちしております。  

DSCF1134.JPG