平成29年度下半期「犬・猫の譲渡会」開催について

 山口県動物愛護センターでは、地域の模範的な飼主として、動物の愛護と適正飼養を実践いただける方に、犬・猫をお譲りしています。
 譲渡にあたっては、条件や誓約事項がありますので、申込みをされる前にご確認ください。Image0071 c.jpg

【譲渡の条件】

・「犬・猫の学習会(譲渡前講習会)」未受講の方や未成年の方には、犬・猫をお譲りできません。 (犬・猫の学習会(譲渡前講習会)の開催については、こちらをご覧ください。)

譲渡申込者が満65歳以上の場合は、同居又は 近隣に居住する親族の方(満20歳以上65歳未満)等の誓約書(誓約者の本人確認ができる方のみ)の提出が必要となります。

※誓約事項:万一(動物の世話が不能)の場合には、本人と一緒に動物の世話をする。

(上記の場合)、その動物を引き取り、本人に代わって終生飼養する。 等

集合住宅、借家等にて犬又は猫の飼養をされる場合は、当該住宅等で動物の飼養が可能である旨が確認できる書面を、譲渡申込時に提出していただきます。

・譲渡時に次の事項をお約束いただける方にのみ、譲渡をいたします。

【譲渡時にお約束いただく主な事項】

・当センターでお譲りする犬・猫については、譲渡後、適切な時期に飼主の責任において、必ず不妊去勢手術を実施していただくこと

・犬の譲渡を受けられた場合は、当センターで開催する「子犬のしつけ方教室」に参加していただくこと(子犬のしつけ方教室の開催については、こちらをご覧ください。)

・猫の譲渡を受けられた場合は、必ず屋内で飼養していただくこと


※譲渡を受けられた後に、当センターから行政機関(保健所・市役所等)及び動物愛護推進員に対して、飼主及び当該動物に関する情報を提供する場合があることをご了承願います。

平成29年度下半期 犬・猫の譲渡会 開催案内.pdf

物を飼うにあたり、ご家族での話し合いや準備はできていますか?illust4011.png

今一度確認してみましょう。

犬の飼い主の皆さんへ

猫の飼い主の皆さんへ

飼う楽しさと命を預かる責任 『飼う前に考えて!(環境省)』

「ペットをかう」って、どんなこと? 『ほんとうにかえるかな?(環境省)』