2017年3月アーカイブ

平成29年3月15日(水)、動物愛護センター研修室で第2回ちっちゃなちっちゃなふれあい会を行いました。

今回も多くの親子さんに参加いただき、にぎやかに開催することができました。

絵本の読み聞かせや手遊びの後に工作と動物とのふれあいを行いました。
工作では「てんとうむしの壁飾り」に挑戦。子供さんにはマーカーでてんとうむしの顔を描いて、羽の模様をシールで貼ってもらいました。いろいろな表情のてんとうむしができていました。

スライド1.JPG

動物とのふれあいでは、モルモット2匹とモデル犬ナナちゃんが参加しました。

はじめは動物を見て興奮してしまい、上手にふれあえなかったお友達も、ふれあい時間の終了前頃には優しくなでてあげることができるようになりました。

スライド2.JPG

次回の「ちっちゃなちっちゃなふれあい会」は4月12日(水)午前10時30分からおこないます。
予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

平成29年3月12日(日)午後1時30分から子犬のしつけ方教室を開催し、4組9名の飼主さんと愛犬2頭が参加してくれました。

はじめにスライドを使っての講義とビデオでしつけ方の基本を説明した後、屋外に移動し実技を行いました。
実技では、まず職員がモデル犬ナナちゃんと「スワレ」、「フセ」、「マテ」、「コイ」と散歩のデモンストレーションを行い、続いて愛犬を連れて参加いただいた飼主さんに実演を行っていただきました。

今回参加してくれたワンちゃんは、2頭ともとても元気のよい子で、飼主さんは飛びつきと散歩時のひっぱりをお悩みでした。
そこで、実技ではワンちゃんが飛びついたときの対処の仕方と散歩時にワンちゃんが飼主さんの側で歩けるようにする練習方法を中心にお話しました。
スライド1.JPG

最後に今年1月に当センターから譲渡したワンちゃんが今回のしつけ方教室に参加してくれたのでご紹介します。
約3か月齢でお譲りした子犬は現在、約5か月齢、「マルちゃん」というお名前をもらい、すくすく成長していました。
実演では、慣れない場所で知らない人に見られるという緊張感のなか、上手に「スワレ」を見せてくれました。
スライド2.JPG

参加いただいた飼主さんと愛犬「マルちゃん」と「シエルちゃん」、お疲れ様でした。

次回の子犬のしつけ方教室は4月9日()午後1時30分から行います。
ワンちゃんを連れて参加される場合は予約が必要です。
くわしくはこちらをご覧ください。

平成28年7月にお譲りしたワンちゃんと飼主さんが動物愛護センターに遊びに来てくれました。
お譲りしたときは小さな小さなオスのワンちゃんでしたが、「十座(じゅうざ)ちゃん」というカッコいい名前をもらって立派に成長し、いまや体重16kg。

【動物愛護センターにいたころの十座ちゃん】
28-22.JPG


とても人懐こく、好奇心旺盛で車からおりた途端、職員全員に順番にあいさつして回ってくれ、元気な様子に職員一同、大喜びでした。

【飼主さんと記念撮影】

DSCF8563.JPG

十座ちゃんと飼主さん、ありがとうございました。

平成29年3月3日(金)に動物愛護センターの研修室で「ちっちゃなちっちゃなふれあい会」を行いました。
たくさんの親子さんにご参加いただき、とても楽しいふれあい会になりました。

はじめに絵本のよみきかせと手遊びをした後、折り紙でおひなさまを作りました。
小さなお子さんはお母さんが折ったおひなさまにマーカーで顔を書いてくれ、ちょっと大きなお子さんはお母さんと一緒におひさなさまを折るところから頑張ってやってくれました。

工作の時間のあとは、動物たちが登場!

今回のふれあい会にはモルモット3匹とモデル犬のナナちゃんが参加しました。
「優しくそおっとさわってあげてね。」というと、モルモットやナナちゃんの背中をよしよしと優しく撫でてくれました。
ちっちゃな赤ちゃんはモルモットの様子を不思議そうに見つめてくれていました。
スライド1.JPG次回の「ちっちゃなちっちゃなふれあい会」は3月15日(水)午前10時30分からおこないます。
予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

スライド2.JPG